歯列矯正をする

代表的な矯正器具の特性

歯列矯正を行う場合、矯正器具や装置によって長所が異なることを理解しておくことは非常に大切です。もちろん、精密検査の結果次第では選べない器具もあるかもしれませんが、これから矯正治療を始めようと考えている方にはどのような器具や装置があるのか知っておくことでより歯列矯正に対する意欲が出るかもしれません。 まず、基本形はブラケットとワイヤーを組み合わせた装置であり、金属やセラミックなどに変えることで患者の症状や生活に合わせることが可能です。これを歯の表側に装着することを「マルチブラケット」、裏側に装着することを「リンガルブラケット」と呼びます。それぞれ費用も異なりますが、マルチブラケットはさまざまな症状に合わせることができますし、リンガルブラケットは周りの人から気付かれにくくするメリットがあります。

代表的な治療法の費用

先ほど説明した「マルチブラケット」は平均で約65万から100万円、「リンガルブラケット」は約120万円の歯列矯正費がかかると言われています。リンガルブラケットのほうが高い理由として、装置の取り付けが困難なこと、技術が高度であることがあげられます。 リンガルブラケットの最大の魅力は、裏側に装着することによる審美性にあります。従来の治療法に比べると若干割高になりますが、日常生活で周りの人に矯正していることを気づかれたくない人にはうってつけの矯正器具になります。 また、マルチブラケットはコストが低く、透明な「セラミックブラケット」や「デーモンシステム」と比べると金額を抑えることができます。また、さまざまな症状に適応することから、歯列矯正の中で最もポピュラーな治療法と言えます。