前歯を矯正する

前歯の部分矯正の基本情報

部分矯正は全顎矯正とは異なり、歯の全体に器具をつける必要がありません。歯と顎の兼ね合いや噛み合わせの治療も伴いません。一般的に犬歯から犬歯までの6本の歯に器具をつけます。人目につく前歯だけの治療になるため、歯を動かすのも最小で済ませることができます。前歯は奥歯に比べて噛み合わせの調節も簡単です。治療期間も全顎矯正よりも短くなります。おおよそですが、全顎の治療が3年以上の治療期間を要するのに対し、部分的な治療になると3ヶ月から6ヶ月くらいです。また、費用も大幅に抑えることができます。全顎の治療には100万円以上かかるところ、部分的な治療になると平均30万円くらいまで抑えることができます。治療の際には医師と良く相談し行ってください。

ブランケットとワイヤーの種類

部分矯正に用いられるブランケットには金属製のメタルブランケットと呼ばれるものと白い色の審美ブランケットと呼ばれるものがあります。矯正期間中の見た目を気にする人も多く、より目立たない審美ブランケットでの治療を望む人が増えています。また、ブランケットのみならずワイヤーを気にする人も少なくありません。白ワイヤーというワイヤーの需要も高まっています。前歯は目立つ場所ということもあり、従来の矯正治療に踏み切れなかった人も白いブランケットとワイヤーにより治療に踏み切ることができると思います。特に接客業や営業職などの人と関わる職業の人にはお勧めです。歯は人の印象を大きく変えます。前歯の矯正で得られるメリットは大きいと思います。